空き家を有効に活用する|海外不動産で未来維新|国内情勢を知ることが大事

海外不動産で未来維新|国内情勢を知ることが大事

男の人

空き家を有効に活用する

メンズ

不在の住まいを管理する

近年、空き家が問題となっています。空き家問題の中には、まだまだ十分に暮らしていける物件にも関わらず、転勤などの事情で一時期住まいを離れなくてはならないという理由もあります。まだ完全に売却して手放すのではなくて、いずれは戻ってきて暮らしたいと思っているために空き家の状態になることもあります。しかし空き家のまま放置していると住まいはすぐに傷んできます。資産としての価値も大幅に損なわれることになってきます。そこでリロケーションを活用しましょう。リロケーションは、転勤などの一時的な空き家となる時期に管理会社を介して第三者に住んでもらう仕組みです。本来なら空き家のままの住まいから家賃収入が入ってきます。

不在時に第三者が暮らす

転勤などをすると、空けてきた住まいのことがとても心配になります。管理のためだけに定期的に戻ってこないといけないこともあります。そこでリロケーションを利用して第三者に暮らしてもらいましょう。住まいを空けている期間を他の人が暮らして使い続けることで住まいも保たれ続けます。それでいて入居をしてもらうことで家賃収入まで入ってくるのですから、とても素晴らしいことです。ただ、リロケーションは通常の賃貸と異なり、一定期間に限り、自宅を貸し出すことになります。家族によって住まいの使い方には違いがありますし、急に戻りたいと思っても入居者がいる限りは自分の住まいでも退去を求めるのに期間が必要になります。それでも空き家のままで離れてしまうことに比べると、家賃収入のあることは貴重といえます。